清史研究所 IQH 
 About us 
 Scholars 
 The Qing History Journal 
 Publication 
 Acedemic Activities 
清史国际 QHI 
 Welcome 
 News & Events 
 Overseas periodicals 
 Publication 
 Info Pickup 
 Download 
 Contact 
 Link 
  Home Page >> Publication >> Show details
   国外新书 | 国内新书 |
藤谷浩悦《湖南省近代政治史研究》,2013-6

作者藤谷浩悦

出版社汲古书院

出版日期20136

ISBN9784762965074

本書は、1904年から1913年までの湖南省の政治史を対象とする。特に、当該時期において、列国の参入や清朝政府の中央集権政策の実施により、地域社会の規範が大きく動揺する状況の中で、民衆が引き起こした事件に対応して、郷紳が提示した「公議」(輿論)の役割を検討し、更に郷紳「公議」が有効性を失い、官憲、郷紳、民衆の対立が激化する中で、郷紳「公議」が再編され、地方議会の設立が図られる経緯、及び国民統合を図る過程で軍事を優先させる思想が台頭した理由、会党が清朝体制とは異なる別の新しい世界を打ち立てようとして提示した末劫論(終末論)の特徴を考察する。そして、このことによって、「公議」及び末劫論、軍事を優先する思想が二〇世紀初頭の湖南省でどのような役割を果たし、中国近代史においていかに重要な位置を占めたのかを実証的に解明し、あわせて民国初頭の政治を展望しようとするものである。

Copyright reserved :@2011. Qing History Studies Overseas Correspondence. All rights