清史研究所 IQH 
 About us 
 Scholars 
 The Qing History Journal 
 Publication 
 Acedemic Activities 
清史国际 QHI 
 Welcome 
 News & Events 
 Overseas periodicals 
 Publication 
 Info Pickup 
 Download 
 Contact 
 Link 
  Home Page >> Publication >> Show details
   国外新书 | 国内新书 |
王毓雯《清代文人蔣士銓とその戯曲研究》,2013-8

作者王毓雯

出版社:中国书店

出版日期20138

ISBN9784903316321

 蔣士銓は、袁枚・趙翼とならび、清代乾隆期を代表する文学者である。蔣士銓の戯曲は、清朝の「文人統制」という束縛の中で、自己の心情を極限まで吐露し表明しようとするものであり、崑曲〈京劇以前,中国の南北で最も流行した演劇〉に最後の息吹をもたらすものであった。本書は、劇作家蔣士銓(1725-1785)の戯曲制作の実態について分析することで、蔣士銓とその戯曲を再評価するものである。従来の研究では「戯曲による社会的教化」という特徴を指摘し、体制側の“忠君忠勤思想”の鼓吹者としての側面が強調されがちであった。そのため、これまで彼の戯曲作品は、専ら「勧善懲悪」という視点から解釈されていた。筆者は、民間信仰と士銓の思想との関係や、揚州の塩商が戯曲制作に与えた影響、乾隆時代の政治、文字獄と戯曲制作といった当時の社会背景・政治環境との関係など、多様な側面から分析を加えることで、蔣士銓の戯曲制作の意義に迫る。

Copyright reserved :@2011. Qing History Studies Overseas Correspondence. All rights