清史研究所 IQH 
 About us 
 Scholars 
 The Qing History Journal 
 Publication 
 Acedemic Activities 
清史国际 QHI 
 Welcome 
 News & Events 
 Overseas periodicals 
 Publication 
 Info Pickup 
 Download 
 Contact 
 Link 
  Home Page >> Overseas periodicals >> Show details
史林2013
第96巻 第5号(2013年9月)
【論 説】  
佐藤泰弘
日本中世の手形―新見荘の割符について―
佐野静代
琵琶湖の自然環境からみた中世堅田の漁撈活動
能勢和宏
EECにおける「加速」の成立は欧州統合を推し進めるものであった か?―フランスにおける合意形成過程の解明を手がかりとして(一九五九―一九六 〇)― (仮題)
【書評】  
高田京比子 佐藤公美著『中世イタリアの地域と国家―紛争と平和の政治社会史―』

北村昌史 松本彰著『記念碑に刻まれたドイツ―戦争椰綗焰}―』

 

第96巻 第4号(2013年7月)
【論 説】  
山本孟
帝国時代におけるヒッタイトの支配体制―副王制帰国支配外交―
小林准士
近世真宗における神祇不帰依の宗風をめぐる争論の構造と展開
宮内肇
一九二〇年代初頭の広東郷村社会―宗族からみる陳炯明の地方自治政策―
【書評】  
藤本仁文 小倉宗著『江戸幕府上方支配機構の研究』
【紹介】  
伊藤啓介
桜井英治著『贈与の歴史学-儀礼と経済のあいだー』

 

第96巻 第3号(2013年5月)
【論 説】  
城地孝
咸寧侯仇鸞の周辺―十六世紀の商業化時代における明朝政治考察の一助として―
谷口良生
フランス第三共和政前期(1870-1914)における下院議員の選出過程―選挙から見た「議会共和政」―
酒井一臣
不戦条約論再考―「人民ノ名ニ於テ」論争の意味―
【紹介】  
亀田俊和 呉座勇一著『一揆の原理―日本中世の一揆から現代のSNSまで―』

 

第96巻 第2号(2013年3月)
【論 説】  
鍛治宏介 近江八景詩歌の伝播と受容
黒羽亮太 <円成寺陵>の歴史的位置――律令山陵制度の転換――
岸本廣大
「エトノス」に基づくアカイア連邦の公職制度と統合政策 
ー古代ギリシアの共同体を捉える新たな視角ー
【書 評】  
桐本東太 冨谷至著『文書行政の漢帝国』
安平弦司
Christine Kooi, Calvinists and Catholics during Holland's Golden Age: Heretics and Idolaters
伊藤淳史
松田忍著『系統農会と近代日本 一九〇〇~一九四三年』
【紹介】  
南出眞助 金田章裕著『文化的景観―生活となりわいの物語』

 

第96巻 第1号(2013年1月)
小山哲 特集「災害」によせて
【論 説】  
柳澤和明
貞観十一年(八六九)陸奥国巨大地震┰波と陸奥国
―発掘調査から知られる被害と復興を中心として―
山田雄司 室町時代の災害と伊勢神宮
楠義彦 1580年ロンドン地震と神罰
窪田順平
社会の流動性とレジリアンス-中央ユーラシアの人 
間と自然の相互作用の総合的研究の成果から-
梶川伸一 ボリシェヴィキ権力と二一/二二年飢饉
小田隆史
三0N複合災害における避難の地理空間―「フィー
ルド」体験の実践の記録からみた避難,移動,学校―
【書 評】  
冨井真
マイケル R. ウォーターズ著『ジオアーケオロジー―地
学にもとづく考古学―』
住友一木大窪一也輰元健之霰永理考
A. Janku, G. J.
Schenk, and F. Mauelshagen (eds.), Historical Disasters in Context: Science, Religion, and Politics
山本昭宏
山崎正勝著『日本の核開
発:1939~1955―原爆から原子力へ―』
【紹 介】  
相澤亮太郎 山口弥一郎著『津浪と村』
2012年度史学研究会大会講演要旨
2012年度史学研究会大会総会の記録

Copyright reserved :@2011. Qing History Studies Overseas Correspondence. All rights